ウカンムリ日記
ブログのイメージ画像

ウカンムリを3つ持つ男、守富寛所長率いる守富環境工学総合研究所(Meel;ミール)のブログ「ウカンムリ日記」ですが、所長の出番が少ない!!という声があちこちから。でも、withコロナの日々で研究所に在席率の高い今なら、所長といっしょ。というわけで、守富所長にインタビューして、ミールと所長の今とこれからをお伝えします。

「守富所長と、いっしょ。」第二回のテーマは

「アカデミックストリートとワールドカフェ構想って、何ですか?」

 

◎ミールがある岐阜市問屋町2丁目(JR岐阜駅前)のアーケード街を活用した「アカデミックストリート」構想。そもそもどこから始まった話ですか?

守富所長/それはですね…、もともと私が大学を定年退職する直前の頃、後始末等々を含めてとても忙しかったんですね。その一つに「持っていた自分の書籍をどうするか?」という問題がありました。書籍を移動したり処分したり、さて、どうしようかと。

 そこで、選択肢としては、(1)研究室のなかに誰か引き継いでくれる人がいれば、それをまかせる。(2)図書館に持っていく。(3)自分で引き取って自宅に持っていくということがありました。

 といっても、一番目の誰かに引き継いでもらうというのは、この頃の大学というのはかつてのように必ずしも教授がやっていることを助(准)教授が引き継ぐということはなく、それぞれがバラバラの研究テーマになっていて、それぞれがたくさん本を持っているんですね。なかには共通のテーマの本もあるかもしれないけれども、大半は要らない本ばかり。ということで、残念ながら私の場合はこの選択肢はないなと。もちろん、研究室によっては教授・准教授が同じようなテーマを研究していて、「先生の本を、ぜひ置いていってください!」というところがあるかもしれないけれども、たまたまウチはそうではありませんでした。

 それから二番目の図書館という選択肢も厳しい。県も市もどこもそうだと思いますが、古本的な本はなかなか引き取ってもらえません。大学図書館の場合もすべてを引き取ってもらうのはスペース的にも厳しいと思います。在職中も研究室の本は「大学の所有物であるものも自分の研究室で保管してください」という方法でした。

 さらに自宅に持ち込むというのはもっと大変!!本は非常に重いので、普通の家に置いたら床が抜けてしまいます。あっ!四番目の選択肢として「すべて捨てる」というのがあります(笑)。

 そういった「大学研究室にある本をどうするか?」問題で困っていた時に、どこかに部屋を持ってそこにとりあえず蔵書を置いたらどうか?というアイディアが出てきました。私の場合はミールの事務所としてここをお借りして、とりあえず本を置くことにしまして…。これが「アカデミックストリート」構想の発端というわけです。

 

◎なるほど。ミールの所長室(2階)の壁一面はほとんど本棚になっています(笑)

所長/そうなんですよ。この大量の本をミールに10年置いておくのか?あるいは5年くらいで売りさばいてしまうのか?電子化できるものは電子化して、本として残しておいた方がいいものもあるよねと、一応整理しつつあるところではあるんですけど。

 私と同じような話は実際よく聞きますし、私からも先生がたに「皆さん、蔵書はどうされているんですか?」と尋ねると、だいたいは研究室に置いていくけれど、要らないといわれたものは誰かにあげるか、廃棄するか。自分で買ったものは自分の家に持って帰るというのが多いようなんですね。

 私の場合は一時的にミールに持ってきましたが…。他の先生がたにも、きっと同じようなニーズがあるなと思ったわけです。

整理する前の本棚です

 

◎それでいよいよ「アカデミックストリート」構想ですね。

所長/ミールを問屋町で開設してみて感じたのは、アーケード街には空き店舗が多くシャッターが目立つということ。今なら比較的安く借りられるので、大学を退職された先生がたの蔵書置き場を兼ねた研究や勉強の場として活用してもらい、その一方で、先生がたの本棚をある程度オープンにして、一般の人にも本を閲覧してもらえるようにしたらいいのではと。そうすれば、問屋町(問屋町2丁目)がアカデミックストリートという特徴あるアーケード街として新しい顔を持てるのでは?と発想しました。

 

◎問屋町とアカデミックの、共通項は「問」にアリ?! 多様な問が集まる場所になったら面白いですね。

所長/ハハハ。そうですね。岐阜や名古屋の大学の先生が辞められた後、ぜひ問屋町の空きビルを活用してもらったらいいなと思っているんです。問屋町はJR岐阜駅前にあって便利ですから、先生がたの蔵書、専門書に興味ある人、学生さんたちにとっても寄りやすい場所です。名古屋からも近いし。本当に必要であれば、便利な場所なのだから、本を見にくるのではないかと思うんです。大学を辞められた先生がたも蔵書の置き場に困っているし、読みたい人にもニーズがあるのでは?という期待感があって、やってみる価値があるのではと。

 であれば、単に私の本だけじゃなくて、いろんな分野の本があったほうが利用価値といいますか、見どころが増えて来やすくなるし、友達も誘ってくるだろうと。そうやって少しずつ問屋町というエリアの賑わいにつながっていったらいいな!という期待を込めて考え始めました。

 

◎具体的に動き始めているのでしょうか?

所長/はい、すでに町内(岐阜問屋町2丁目協同組合)の皆さんにはお話しました。空き店舗を積極的に貸して、ここ問屋町2丁目のアーケード街をアカデミックストリートと名付けてやっていくのはどうでしょうと。幸い、皆さんにはご理解いただいているんですよ。

 もちろん、我々大学人だけじゃなくて企業や家庭の人でも、本の保管にお困りの方、例えば亡くなられたおじいさんがたくさん本を持っていたとか、そういう人たちに活用してもらえたらと思っています。

 

◎研究の場というよりは「蔵書の貸し倉庫、兼、一般人が閲覧できる場」なのですか?

所長/スペース的にはそんな感じですが、その場所へ、たとえ週一回でも先生が来るということであれば、なおいいなと。そうすれば、訪れた人にとっては本との出会いだけでなく、さまざまな専門の研究者とトークする場所になると思います。

 

◎専門的な本と、その研究者に出会える場所に人が来るようになったら、いろいろな交流も生まれそうです。

所長/そこなんです。アカデミックストリートにオープンカフェのようなスペースをつくり、そこに人が集まって話し合えたらいいよね、というのはずっと考えていることです。お互いに情報や知識を持って、分野の違う人たちが交流できる場所になったら、皆さんそれぞれの知的欲求が満足するんじゃないかと!

 たとえばエコをテーマに調べ物したい人がいたとして、その話だったらあの先生がいいよとか、本はあそこにあるよと。分野の違う人や本が集まることで人の移動や交流が生まれるし、もしオープンカフェというスペースがあるということになれば、人に会い会話もできるという楽しみが生まれると思うんです。

 

◎それが、もう一つの構想「ワールドカフェ」にもつながるのですか?

所長/そうですね。ワールドカフェ的にワイワイガヤガヤと話せる場につながればと思っています。アカデミックストリートに行けば、本もあるし、人もいるし、話し合うこともできるよ、みたいなことですね。

 大げさにいえば、ガリレオもいればアリストテレスもいる、みたいな(笑)。先生がたも毎日は来られないでしょうけど、皆さんが集まれる日があれば面白い。そういうストリートにしたいなという夢があります。

 そして市の図書館がサポートしている「まちライブラリー」(地域のお店などが店内に自前の本を本棚に置き、訪れたお客さんが楽しめるようにする取り組み)のようなものも問屋町に入ってくれば、ますます多様な人に会えそうで、歩いているだけで楽しくなるんじゃないかなあと。

 ただ、このアカデミックストリート構想については町内会にもお認めいただき、ミール開設後の半年ぐらいは活動してきたのですが、そのあとがなかなか続かない。思ったほどニーズがなかったともいえるかもしれませんが…。


◎問屋町の空きビルの賃料が比較的安いといっても、初期投資も必要ですしね。

所長/それもあります。大量の本を置くとなれば、本棚をつくらなくてはいけないし、人に来てもらうのであれば、それなりに改装も必要になります。でも、問屋町ですから、もともと綺麗なアパレル関係の店をやっていたビルが多いのも利点。だから、ショールーム的な1階を活用すれば、それほど改装しなくても可能なんじゃないかと思うんですけど。

 当初考えたのは4階建のビルをうまく利用して、1階から4階までの各階に別々の人が入居すれば、家賃も1万から2万円ですむんじゃないかなと。とはいえ、外階段がないので、つねに1階は通り道になっちゃう(笑)。

 そのあたりは読み違えたのかもしれませんし、あるいはこれから賛同者が出てくるのか、宣伝が足りないのか…。でも、先日、とある用件でお会いした元美術館長さんも興味を示されていました。ご自身の蔵書(美術本のコレクションなど)をどうしよう?と悩まれているとのことでした。

 

◎ところで昨年はミールでワールドカフェ的なものを試験的にやってみましたし、年末は「人間図書館」にもトライしました。

所長/まずは身内からということで、ミールのメンバーを中心にやってみましたね。ミールの会議室(3階)を集まる場所とするなら、15人くらいまで。種まきとしては、身内から始めてみよう!とスタートしました。

 人間図書館は人を一冊の本に見立てて、その人の暮らしや人生について語ってもらうというもので、スタッフのKiさんとNさんが本役をして、読者役(聞き手)はそのほかのスタッフと関係者でやってみました。たとえばKiさんの「ジャムおじさんの冒険」では、家族ぐるみでジャム作りを楽しんでいるんだなとわかって良かったですね。この話を聞くまでは、いつもKiさんから美味しいジャムをもらって、ウマイなあ〜と単純に喜んでいるだけでしたが(笑)、どうして技術者がジャム作りにハマったのか?と、その奥にある物語を聞くことができました。

 こういったミールでの取り組みをブログなりツイッターなりで広報していき、身内に限らず、「皆さんとこういうことをどんどんやっていきたいんです!」と伝えていけたらいいんですけど、どうでしょうか?

 ブログなりツイッターなり見てくださる人がいたとして「こういうのをやってくださいよ」「こんな話題だったら行きたいな」と盛り上がったらもっと楽しい。まずは「話題募集中」ということで!そのあたりは広報担当のスタッフCさんに頑張ってほしいところです(笑)

 

◎あ、ハイ、そうですね(スタッフC…笑)。でも所長、ミールのツイッターのフォロワーは現在4人なんです!!フォロワーでなくても見てくださっている人はいると思うんですけど(笑)。たとえば、新しい生活様式をミール風に考えるのはどうですか。

所長/あっ、そのテーマ、いいですね!! withコロナ時代だからやれることを考えてみるとよいかもしれません。私もオンライン会議が増えましたから、感想も意見もいろいろあります(笑)。

 

◎余談ですが、スタッフCとスタッフNのコンビで、ブログの中で「読んでミール?」と題して、テーマごとに本を紹介する「ブックトーク」もしています。こちらにも、私も参加したい!という人が現れたら嬉しいなって思います。

所長/そうですね。読んでミールはすでに7回を数えて、ブログのコンテンツとして定着してきましたね。一つのテーマに思いがけない本が紹介されるので本好きの人も読書の幅が広がります。

 百聞は一見にしかず、といいますけれど、私の考えとしては、自身が目で見て体験したことでなくても、たとえば本をたくさん読んでいろいろな人の経験や考えに触れたり感じたりことはすばらしいと思うんですよ。そういう意味でも、アカデミックストリートの「本」の役割は膨らむんじゃないかな。ちなみに町内には古本屋さんもあっていい雰囲気なんですよね。

 

◎アカデミックストリート、ワールドカフェに続き、最近ではもう一つ大きい構想がありますね!

所長/はい。ミールのビルの裏側の壁にアートを!ということで、8月にはアーティストさんにアートペインティングしていただくことになっています。問屋町2丁目のビルが連なる南側の古い壁面は剥き出しのコンクリートで、廃墟のようなたたずまいが魅力という人たちも多いのですが、まずはミールの裏の壁に(大家さんや町内会のご許可をいただき)アート作品を描いてもらうということになりました。このアートも含めて、アカデミックストリートやワールドカフェなどで問屋町が注目され、立ち寄りたくなるエリアになったらというのが、私の思いなんですよ。

 そして、アカデミックストリートの「アカデミック」という言葉にこだわらず、空きビルに芸術家さんたちが(格安で)アトリエを構えるというのもいいなと思うんです。絵だけでなくダンスや音楽、演劇など、芸術とアカデミックなことが混ざっても面白いですよね。フランスでいえばモンマルトルのように、文化人がそこにいるみたいな…。芸術家も小説家もサイエンティストもいる。そんな風に街が育ったらいいかなと。

 問屋町に人が来てくれるきっかけとして、暇つぶしといったら叱られそうですが、「夜は飲みに出かけます」「これから名古屋に出かけます」という人が、午後3時とかに問屋町にやってきて、誰かと会うまでの間を過ごす。壁のアートを眺めるでもアカデミックストリートで本を見るでもいいじゃないですか。そういう場として使えるようになったらいいですねぇ。

 また詳しくご紹介する機会があると思いますが、直近では来月中旬から約1週間、アーティストのMADBLAST HIROさんが壁に絵をペイントしてくださいますので、楽しみにしています。

 そんなわけで、近くの玉宮町が夜の街であるのに対して、問屋町は昼の街であり、アカデミックでアートな街。そう!問屋町は昼間に楽しい街をめざす、というのが大きな話です。(注:玉宮町は、問屋町付近の所長が好きな飲屋街のこと

 

◎話が大きくなったところで、今回の「守富所長と、いっしょ。」はこのへんで。

次回は8月に予定しているアートペインティングについて、所長にそのいきさつや思い、願いなどを聞きたいと思います。

暑さにもコロナにも負けないで、to be continued!

写真一番右手にあるビルがミール。ミールの壁面のみ窓がないのでキャンバスに

 

2020 年 7 月 15 日

読んでミール?vol.7 〜夏〜

皆さま、こんにちは。

今日はミール風ブックトーク「読んでミール?」の第7弾をお届けします。

テーマは「夏」。いつもなら旅行などの計画でワクワクする夏休みを思い浮かべる頃ですが、今年は思いがけない夏となりそう。昔、「ひと夏の経験」という歌がありましたが、この夏は本をたくさん読んで、たくさんの経験をしてみてはいかがでしょう。

今回もブックトーカーふたりのこころの本棚から3冊ずつ、ご紹介します。

第7弾「読んでミール?」の始まり、はじまり。

Book Talker Naomi***

① 野坂昭如 著
「ウミガメと少年」(絵本)徳間書店

これは2001年に戦争童話集第一弾として書かれ、その後絵本やアニメ等になり、吉永小百合さんの朗読CDでも有名な作品です。6月末から8月、終戦を迎えるまでの沖縄がウミガメと少年の目を通して描かれています。
爆弾が破裂し、艦砲射撃の音や照明弾の眩しい光の中でもお構いなくウミガメは淡々と悠々と産卵をして海に帰っていきます。その自然のあるがままの姿は戦争下でも変わりません。
いま私達もコロナで非日常の生活を余儀なくされていますが、そんな中でもウグイスの声を聞いたり、川を小さな魚が泳いでいるのを見ると、自然の偉大さを思います。
空腹を抱えながらひとりぼっちでガマ(沖縄に多く見られる自然洞窟のことで、沖縄ではガマと呼ぶ)に隠れていた少年は「カメにしてやろう」と、ウミガメの卵を安全な場所に移動させて守っていたのに…。
ラストのような切ない思いを子供達に二度とさせない世の中を作ることが、私達の務めだと思いました。
絵の数々も味わいどころの一つ。たとえば表紙。ウミガメが泳ぐ海の色は限りなく優しく美しく…人間にとってもウミガメのように海で生きる生物達にとっても、平和で美しい海を守っていきたいですね。
また絵本の反対側からは「A Green Turtle and a Boy」と題した英語版になっていますので、海外の方にも読んでいただけますし、英語の勉強にもなります。


②松田悠八 著
「長良川 スタンドバイミー1950」
(2004)作品社

これは我がまち岐阜が生んだ作家、松田悠八先生がふるさと岐阜を描き2004年に第三回小島信夫文学賞を受賞した作品です。
1950年、年齢の違いや男女の違いも関係なく子供達が仲良く集団で遊んでいた懐かしい時代の岐阜。金華山や長良川などの豊かな自然の中で子供達が経験する色々な出来事には、大変な事やちょっとした冒険など沢山詰まっています。
中でも私は主人公ユーチャと同級生の女の子ユキチャにまつわる話が特に好きです。5年生の夏にユキチャが川で溺れた時に初めて女の子を意識する出来事があり、中学生になったばかりの夏には金華山に登り2人だけで上から花火を見た時の甘酸っぱい思いには心がときめきました。
この本を読んだのは10年以上も前の事ですが…今でも花火を見るたびにその情景が浮かび「いつか金華山の上から丸い花火を見てみたい」と思います。
今年は岐阜長良川の花火大会はありませんが…また花火を見ながら金華山の上にいるユーチャとユキチャに思いをはせることが出来るのを楽しみにしています。


③川上未映子 著
「夏物語」(2019)文藝春秋

これは二部構成で第一部は2008年に芥川賞をとった「乳と卵」に加筆したものです。そして第二部はその8年後の2016年から2019年までを描いたものです。
主人公の名前は「夏目夏子」。
主になる出来事は夏に多く、目次も「第一部 2008年夏」「第二部 2016年夏〜2019年夏」と夏づくしで、まさにブックトーク「夏」の為にある本!と思ったのですが、内容がとても難しく繊細で深い問題をはらんでいて「私に紹介文が書けるか?」と悩みました。でもこの本を多くの方に知っていただいたいという思いが強くなり、今回ご紹介することにしました。
まず「第一部」は夏子の姉とその娘が中心の話です。思春期の姪が生理(卵)について色々な疑問を持って悩みます。また姉は胸(乳)に強いコンプレックスを持っています。
「第二部」は、夏子は男性を好きになってもその行為は好きになれなく、一人で子供を産む可能性を探して精子バンクに行き着きます。しかしAID(精子提供)によって生まれた人の「父親が誰かわからない」という苦しみを目の当たりにして思い悩みます。
この作品は思い悩む人たちがそれぞれに自分なりの答えを見つけていく姿を描いている本なのかと思います。
その答えには賛否両論あると思いますが…大変な生い立ちや生活の中で一生懸命に前を向いて生きている姿には勇気をもらえるのではないかと思います。
皆さんに様々な考え方や生き方を知っていただければと願っています。

Book Talker  Chie***

安房直子 著

『白いおうむの森』〜『ひぐれのお客』(2010)福音館書店に収録〜

夏目夏子さんが主人公の小説『夏物語』に続き、私からも、夏子さんが出てくるお話からご紹介します。こちらは童話で『ひぐれのお客』という本のなかの一編として収録されています。主人公の少女の名前はみずえ。彼女はインド人が経営している宝石店にたびたびやってきては、店で飼われている美しい白いおうむに、ある言葉を教え込もうとしています。その言葉とは「なつこねえさん」。今のみずえよりももっと小さい時に亡くなった姉の名前です。お店を訪れる時には飼い猫のミーという白猫も一緒です。

ところがある日、白いおうむが居なくなり、インド人に「お前の猫が食べたんだろう」と詰め寄られます。そんなことはないと思うみずえでしたが、家に帰ってみるとミーも居なくなっていることに気づいて。

宝石店で見つけた狭い入り口から地下階段を降り、そうダンジョン!に入り込んで、あの世とこの世をつなぐ迷宮のような場所でなつこねえさんと会うお話です。白い猫と白いおうむはどんな役割をするのでしょうか。

安房直子さんのお話はいつも澄んでいて、どこか寂しい。誰もが経験したことのあるような、こころの奥に潜む、透明に出会えるような気がします。挿絵は刺繍を用いたイラストで、懐かしさと素朴さが安房ワールドのワンシーンを紡ぎ出していて素敵。

湯本香樹実 著

『夏の庭』(1994)新潮文庫

老人と少年たちという異世代がこころを通わせていくお話です。

夏休みの冒険ならぬ、体験として、「死んだ人って見たことある?」という好奇心から一人の老人の観察を始めた少年たち。それに気づくおじいさん。ある意味、子どもは邪気がないから残酷で、大人には邪気もあるからユニークに思える設定ですが、松田悠八作『長良川 スタンドバイミー1950』のように、少年期だからもらえる経験が(言葉として与えてくれる作者の文章が)宝物のように愛おしくなります。おじいさんにとっても最高に楽しい夏を過ごせたのではないかと。

湯本さんが描く世界に引き込まれ、その深いところに漂う優しさに触れながら、「生きること」と「死にいくこと」の両方について感じ入る大切な時間をもらえるのではと思います。でも少年たちは、失われるばかりでなく、宿り、共にあることに気づく。そんなお話といったらいいでしょうか。

大人になったなら、誰もが同じようなこころの経験を持って成長したはず。時折掘り起こし、思い出してみるのもいいものです。そうすることで、まわりの人々の顔や営みや言葉、まわりの風景や自然に育まれてきたことに、こころが膨らみ、感謝したくなるような気がします・・・。湯本さんの作品『春のオルガン』『ポプラの秋』もおすすめです。

旭屋出版編集部 編

『かき氷 for Professional』(2019)旭屋出版

夏といえば、かき氷! 頭がキーンとなるのが苦手な人も、ひと夏に一杯は食べてみたくなるのではないでしょうか。かき氷はもはや夏限定のものでなく、「かきごおりすと」と名乗る人もいたりして、かき氷の名店は全国にいくつもあります(岐阜にもありますよ!)。冬にかき氷を食べても頭がキーンとしないためにも、専門店では氷の温度を調整するなど工夫を凝らしたかき氷を提供しているのだとか。

かき氷をテーマにした本はこれまでに何冊も出ていますが、本書は専門店を目指す人向けに作られた本で、ビジュアルブックとしてもおいしそう!食べてみたい!と欲望をかきたてる優等生。人気かきごおり店のレシピも公開されていて・・・。たとえば、こおり甘酒牛乳、安納芋カキ氷、大人限定檸檬カキ氷、白いチョコレートとフランボワーズの焼き氷、信玄氷、おぼろ豆腐のかき氷などなど。

でも、この本の魅力は写真とレシピだけではありません。氷の歴史にも丹念な取材記事が掲載されていて、冷たいおいしさに目覚めた人々の喜びを支えてきた技術や情熱に驚くばかり。氷がいかに貴重品であったかということにも気づきます。平安の世に清少納言が『枕草子』で記した言葉——「あてなるもの。(中略)削り氷にあまづら入れて、新しき金椀に入れたる」。(あてなるものとは貴重なものという意味。あまづらとは、当時の甘味料で蔓草の樹液か甘茶蔓の汁と言われています)。千年前の貴人たちの憧れであり、尊いものだった、かき氷の世界を覗いてみてはいかがでしょうか。きっと心身涼やかになりますよ。

(スタッフN&C)

ひんやりとした飲み物とともに・・・

皆さま、こんにちは。雨模様の金曜日、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、守富環境工学総合研究所(Meel:ミール)の守富寛所長が執筆いたしました「炭素繊維強化プラスチックの応用の現状と将来展望」(コンバーティング情報誌『コンバーテック』)の連載が無事に一区切りとなり、2020年6月号にて第6回「今後のリサイクル技術の課題と展望」を掲載していただきましたのでそのお知らせです。編集のご担当者さまには大変お世話になりました。いつもながら原稿の締め切りにご配慮くださり、本当にありがとうございました。長きにわたり、関心をお寄せくださった読者の皆さまにも心よりお礼申し上げます。

さて、今回の内容はこれまでの連載のまとめとして整理しつつ、今後のリサイクル技術の課題と展望について個人的見解をあわせて述べました。リサイクル炭素繊維の研究開発に関わって10年近く経ち、その間に多くの方々からリサイクル炭素繊維の需要拡大になかなか結びつかない理由が寄せられているということで、それは以下の7つに集約されています。

(1)炭素繊維はリサイクルできない。排出量は少なく、産廃業者は埋め立てに回している。(2)環境に良いことは理解できても、入手先も出口用途もわからない。リサイクル炭素繊維の品質と価格が曖昧で品質保証してほしい。(3)最終ユーザーの採用意向がなく、中間基材メーカーとしては手が出せない。(4)産業資材やインフラ整備資材として使用する場合の安定供給に不安がある。(5)切断繊維は粉塵が多く発生し、作業環境の改善のための設備や新たな場所の確保が必要となり、リサイクル炭素繊維価格だけでは判断できない。(6)リサイクル炭素繊維を利用した場合、材料設計ができる人材がいない。(7)目的に合わせた既設設備(たとえばバージン炭素繊維の設備)が利用できない。

思い当たる方もいらっしゃるかもしれません。

こういった課題問題を理解しあい、リサイクル炭素繊維の需要拡大に向かうためには、各社が水面下で独自開発を進めるよりは、川上、川中、川下の関連業界団体あるいは企業が情報を共有し、需要拡大のためのコンソーシアムを形成すること。川に流れる水量を増やし、川幅を大きくすべきであり、そのために「相互乗り入れすべき時」と守富は考え、意見交流の場が立ち上がることを期待しております。

今後も機会をいただきながら、新たな動きなどをご紹介できればと考えています。ご質問等、お問い合わせは本ウェブサイトのお問い合わせフォームをご利用ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

〈追記〉

『コンバーテック』2020年6月号に「在宅勤務中の記者が目にした、感じた日常生活」と題した記事の続編があり、緊急事態宣言発令24日目から47日目まで時系列にレポートされていて、とても興味深く身近に感じました!仕事をしながらも、食べることや育児、家事とさまざまな面を持っていろいろな場所で暮らす私たち。ほっとできることが増えていくといいですねー。(スタッフC)

 

 

 

ウカンムリを3つ持つ男、守富寛所長率いる守富環境工学総合研究所(Meel;ミール)のブログ「ウカンムリ日記」ですが、今のところ、所長の出番はなかなかありません。コロナ以前は西に東に外国にと所長の席が温まる日がありませんでした。でも今なら!所長といっしょ。

守富所長といっしょの時間で聞いた言葉、楽しい話題を通して、ミールと所長の今とこれからを、皆さまにお伝えします。

 

第一回のテーマは「ミールって最近何をしているんですか?」

 

◎今回の企画は所長のアイディアですが、どうして思いついたのでしょうか?

守富所長/日頃、ミールの発信する機会がなかなかなくて、ブログもCさんにお願いしているのだけど、私自身の発信がないので「ちゃんと発信しなくちゃ」というのが第一点です。第二点としては本来であればブログを含めてウェブサイトは、私の最近の研究をはじめ、ミールの柱にしている「環境」「エネルギー」「リサイクル」「人とのつながり」の最新情報、最近の状況をお伝えしていく場であってほしいなと思っていましたが、それもなかなか発信できず看板倒れしてしまっているなぁという思いがあります。

それからもう一つは、外部の方からのお問い合わせとして「守富さん、最近は何をしているんですか?」ということもあって(笑)。その発信をきちんとしないといけないのかなと。

大きく分けると、ミールの看板としてやろうとしていることを最近の動向とともに伝えたいということ、そして外部からの問い合わせにお答えするカタチでの発信もしていかなくちゃと。もっと正直にいいますと、サボり過ぎたかなということで反省しております。

 

◎設立後は本当に忙しい日々でしたから。では、いよいよ今日のお題にいきましょう。「ミールって最近何しているんですか?」

所長/はい、では始めましょう。ミールを立ち上げてから2年とちょっとになりますけど、まず私自身が東京へ度々行くので忙しいということから話しますと、環境問題としては水銀に関する水俣条約の会議、調査等々がありますね。

水銀抑制対策技術について、国内外の動向に注目し続けています。日本は世界に比べれば水銀の発生量は多くはないのですが、やはり日本国内の発生量についてきちんと調査することが重要です。水俣条約は日本の「水俣」という地名を冠しているのですから、日本から発信できるものは十全に日本から発信していくべきだ、というのが、私はもちろん、環境省等の考え方ですので、そこの整理をしています。

そのうちの一つは、去年発効された水俣条約後のフォローアップといいますか。発効される前と発効された後の何が変わって、実際にどれだけ水銀が減っているんだろうか?ということ。今年度は第一回目の調査報告をする義務が発生していますから、それをまとめたうえで条約の効果がどれほどあったかという評価をします。

それから具体的に対策技術として、どういうものが有効なんだろうか?というところを、日本に限らず、海外の、例えば石炭火力だったらこういう技術がいいですよね、廃棄物に関することだったらこういう技術がいいですよね、というような効果も紹介し、勘案しなくちゃいけないというのがあります。

一番重要なのは、水銀は消えるわけではないということ。消えないので、対策を講じても必ずどこかにはあるわけで・・。つまり煙突から水銀が出なかった場合も、その抑えた水銀は川や海や土壌など別のところへいってしまうわけですから、全体の物質収支を見なくてはいけない。煙突から出るものを叩いたら(封じたら)、その水銀はどちらへ行ってしまったか?と。

水俣条約自体は「インベントリー」といって発生量そのもの、つまり、廃棄物焼却からはこれだけ出ますよね?石炭火力からはこれだけ出ますよね?セメントからはこういうものが出ますよね?というのを見るのですが、さらに重要と考えているのは「マテリアルフロー」なのです。これは石炭火力や廃棄物処理から出る水銀を叩いたら、その水銀はどこへいくんでしょうか?ということを俯瞰して観るためのものといったらいいでしょうか。その水銀は、たいていはセメントを含む産廃業者を経て非鉄金属業の水銀回収業者に行くんですが・・・。

こうした全体の流れを観ることが現在は国際的にも国内的にも不明確なので、そこをきちんとしていきましょうというのが私の仕事でもあるし、環境省としても非常に積極的に関心を持っていることですね。

 

◎水銀は昔から身近にあったものなのでしょうけど、体内に取り込まれると健康被害があるということ、水俣以前からも知られていたのでしょうか。

所長/そうですね。「じつは、よくは知られていなかった」ともいえるでしょう。水俣で問題が発生してからも、しばらくはわからなかったのですから。歴史を遡れば、金や銀が採れるところは水銀鉱脈があり、日本でも海外でも水銀はいろいろな用途に使われていました。奈良の大仏や不思議の国のアリスに出てくるマッドハッター(いかれた帽子屋)などは、水銀と深く関わっていると私は思っているのです。このあたりは興味深く思う人も多いでしょうから、またゆっくりお話しします。

 

◎ぜひ!水銀の深い話は今度にして、初回ですから脱線しないように、お題に戻りましょう。

所長/次にお話するのは、ミールがエネルギーおよびリサイクルということで最近やっていることについて、です。

ミールの1階はカーボンファイバーリサイクル工業さんのショールームという役割もあるように、炭素繊維のリサイクルが大きなテーマです。この炭素繊維のリサイクルをなるべく「省エネルギー」かつ「低コスト」でリサイクルできる技術の開発、用途を作っていこうというのが、目下、ミールの二つ目の看板の中身といえます。

そのうち炭素繊維のリサイクルに関して、順を追ってお話します。まず中部地区でいうと三菱重工さんや川崎重工さんのボーイング787の飛行機、この主翼胴体をつくるときに炭素繊維の廃材が出ます。その廃材を回収し、そして回収したものから炭素繊維自身を熱分解法により取り出します。抜き出した炭素繊維は、大きくわけると、不織布(マスクに使っているようなもの)と、ペレット(樹脂と一緒にまぜてチョークのような格好にしたもの)に加工されます。ペレットは、たとえば家電のプラスチックに使っているようなものに混ぜて強化するのに使われています。そのときにバージン(vCF)も使われているのですが、それにリサイクル(rCF)も使っていこうという動きがあります。

このように炭素繊維のリサイクルには、不織布、ペレット、もう一つ、薄いペーパー状にして使うという3つがありまして、それぞれ技術はすでに出来上がっています。けれども、炭素繊維は元々切れていますから、それを擬似的な連続糸にしてやると、もう少し使いやすいのではないかな?というのが私の考え。というわけで、我々ミールとしては、「糸」にするところ、つまり「撚糸」に焦点を当てているのです。

 

◎撚糸とは、岐阜の繊維街「問屋町」にあるミールにふさわしいですね。ところでミールには現在シニア研究員が3人。このところ、研究員さんたちは事務所作業場に籠って何をしているんですか?

所長/それはですね、さきほど話した切れ切れの炭素繊維を擬似的な連続の「糸」にする技術に関することをしています。

 

◎昔の縄綯(な)い機を郡上市の明宝歴史民俗資料館からお借りしたり、通称たこ焼きハウス?みたいなビニール張りの作業コーナーをつくったり。試行錯誤を重ね、所長と研究員さんたち、盛り上がっていますね。

所長/いわゆる昔の縄を綯(な)う技術ですね、それをヒントに糸にできるのではないかと考えたわけです。稲藁から縄をつくったその昔の技術を今に生かすという発想ですね。

つまり、稲藁から縄をつくるのではなく、廃材の炭素繊維から擬似連続糸をつくるという、名づけて「温故知新プロジェクト」。省エネで低コストであることを前提として、使いやすい糸を目指して頑張っているところです。

 

◎ところで打ち合わせテーブルにいろんなスキンクリームが・・・。

所長/炭素繊維は触っていると痒くなることもあります。私なんてこうみえて繊細なお肌で、クリームが欠かせません(笑)。何種類も試した結果、私にもっとも有効なクリームも見つけました!その名はム○。

そういう痒さも皆で経験しながら、技術的には決して新しくないけれども、昔の優れた技術を活かせたらうれしいし、楽しいなと。縄綯いの技術は、炭素繊維に使える技術なんじゃないかなと注目して取り組んでいるところです。

 

◎温故知新プロジェクト、楽しみです。シニア研究員の皆さんにもぜひブログに登場してもらいたいです。今回の「守富所長と、いっしょ。」はここまで。

つづきは不定期で。to be continued!

 

 

皆さま、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。守富環境工学総合研究所(Meel: ミール)は所長をはじめメンバー一同、おかげさまで元気に過ごしております。コロナ禍のなかにあって尽力してくださっている方々への感謝を胸に、これからも健康管理に気を配りつつ頑張ります。

さて本日は、昨年末に行いました「ミールの人間図書館、はじめます」という取り組みのリポートを!こんなに遅くなってしまいお恥ずかしいところですが、よろしければご一読ください。

人間図書館は、人物図書館とかヒューマンライブラリーといった言葉で表現されることもありますが、「人」を「本」に見立てるという発想が出発点です。本の表紙を開けばいろいろな物語が待っているように、人という本のなかにもさまざまな物語があるはず。ミールでは、まずはミールのメンバーの中から二人に本役になってもらい、それぞれの人生や暮らしの物語の一編、一章、一節を語ってもらいました。本の読者はそのほかのミールメンバー。所長(館長?)の挨拶から始まり、いよいよ1冊目の本役、Kiさんのお話です。

タイトル『ジャムおじさんの冒険』

Kiさんは大学卒業後、自動車業界でエンジニアをして、ご本人いわく「材料屋さん」と「生産技術屋さん」をしてきて、生産技術屋さんでは設計も経験。ものづくりは楽しい、という思いがありました。そしてジャム?!

実はミールメンバーは度々Kiさんお手製のジャム、すももや桃、夏みかんなどいろいろな種類のものをいただいています。そのお味はもちろん絶品。あっという間にいただいちゃうおいしさです。でも、どうしてKiさんがジャムづくり? そんな疑問をもちながらも深く聞いてきませんでした。「ジャムおじさんの冒険」という本、読者であるミールメンバー全員が入り込んでいきました。

目次は以下のとおり。 1.なんでジャム 2.ダイバーシティって大事かも 3.私の本棚から

実家で採れる大量の夏みかんをジャムにしようと思いついたところからジャムづくりに夢中になり、研究?実験?を重ねていったというお話から始まりました。今では作りやすい分量なども導き出し、ご家族の協力もあって次々と新作が。ジャムづくりに邁進するなか、やがて自然のなかでなる果実、植物への思いが膨んでいくと、これまで気づかなかったつながりというのでしょうか、世界観というのか地球感?に思いが至るようになったということのようです。植物も人間も全体のなかの一員といった感じ。多様であることの大事さも感じているとのこと。自分で植物に触れ、ジャムをつくり続けるなかで感じることなのでしょうね。最後にKiさんの好きな本をおすすめしてもらいました。ブライアン・グリーン著『エレガントな宇宙』 ジャムおじさんの冒険の世界の一端が、この本に結びついているのかもしれないですね。難しそうな本ですがKiさんという物語のつづきをこの本でも感じられるかもしれません!

***

2冊目の本役はNaさん。スタッフNとしてもおなじみで本ブログのブックトーク「読んでミール?」のブックトーカーもしています。無論、本好き。でも自身が本になるなんて!そういうNaさんのお話、楽しみ!

タイトル『そして音訳』

Naさんは人形劇、朗読、音訳と、言葉を声にして表す活動をしてきました。現在は朗読と音訳の二本立て。これは同じようにみえるけれども、微妙に違う。微妙というよりも、かなり違うことなのです。なぜかといいますと音訳は目の不自由なかたのために図書などを声でつくるものですから、声に感情や個性が入り込んではいけません。

目次は以下のとおり。 1.音訳とは? 2.音訳にいたる道 3.私の本棚から

お話はやはり音訳についての説明から。ミールのメンバーは知らない人がほとんどでしたので丁寧に伝えてくれました。音訳と朗読の違い。そこがポイントです。朗読と音訳の違いは、ナレーションとアナウンスの違いということ?といった読者メンバーからの言葉がありましたが、なるほどそのとおり!Naさんが音訳の道にいたるまでには、人形劇や朗読の活動があり、とくに朗読と音訳の両輪ですすむことにしたあたりは、Naさんならではの優しさや強さを感じます。一つひとつの経験がページをめくるように、音訳と朗読を一緒にやっていくという物語へと進んでいったのですね。締めくくりにNaさんの大切な本を紹介してもらいました。小さなお魚のお話、レオ=レオニ『スイミー』です。人形劇サークルで活動していた時の思い出の絵本。Naさんは「スイミー」役をしたそうです。

記念すべき初回ということで、朗読活動もしているNaさんに詩の朗読をお願いしました。長田弘さんの「世界は一冊の本」

とてもすてきな時間でした。

本役のお二人、本当にありがとうございました。

進行をつとめた司書役としましては「この企画、言い出したのはいいけれど、うまく進むのかなあ〜」と正直、心配も少しありました。でも、スタートしてすぐに安心しました。というよりもワクワクしました。

どうしてかといいますと、読者役のメンバーが黙っちゃいません。本役のお話の途中で質問やら合いの手やら、いろいろ挟み込んできまして・・・。脱線しながら広がりながら、物語の世界を行きつ戻りつ。そして、本役のご家族も同席してくださり、その温かなご支援もいい感じでした!じつは、質疑応答などという堅苦しい時間も設けてはいたのですが、それは不要でした。

本役(語り手)と読者(聞き手)がいて、一冊の本が生まれる。そんな読後感。お互いを知りつながっていく・・人と人のコミュニケーションというのは、そういうものかもしれませんね。またいつか開催したいです。

 

(スタッフC)

 

新着記事

2021年10月18日
読んでミール?vol.12 〜味〜
2021年07月29日
読んでミール?vol.11 〜色〜
2021年05月16日
読んでミール?vol.10 〜音〜
2021年03月24日
ぎふアートウォール完成式のお知らせ
2021年02月27日
読んでミール?vol.9 〜冬〜

WEBフォームからはこちらです。

お電話は営業時間内のみ受け付けております。