ウカンムリ日記
ブログのイメージ画像

皆さま、こんにちは。

今日はミール風ブックトーク「読んでミール?」の第4弾をお届けします。

ミールの仕事の4つの柱を一つずつテーマにして進めてまいりましたブックトーク。4回目は「リサイクル」がテーマです!

リサイクルという言葉、普段からよく使っていますね。広辞苑には「資源の節約や環境汚染防止などのために、不用品・廃棄物などを再利用すること」とあります。なるほど。でも、あらためて考えてみますと、リサイクルの語は身近でありながら、人によって解釈や思いがさまざまのような気もします。では、本を紹介するブックトークではどんな風に展開したらいいのでしょう?!と、ブックトーカーの二人は今回も深い迷いの道へ・・・。

あちこち寄り道、行きつ戻りつする時間のなかでスタッフNが、あっ!と思いついたのが、リサイクル=再生という考え方です。再び生きる、生き直す。この視点で本棚を眺めると、あれもこれも!とこころがふわ〜んと広がります。一方、スタッフCは、サイクルという大きなめぐりに人が関わってリサイクルも生まれるのかな、と考えました。

そんな訳で、第4弾「読んでミール?」の始まり、はじまり。

 

Book Talker Naomi***

 

グリム童話

「ブレーメンの音楽隊」

このお話は年をとって役に立たなくなったため食事が与えられない馬や捨てられてそうになった犬や猫、そして明日スープにされそうなニワトリが新天地を求めて一緒にブレーメンへ旅をする話。

途中で見つけた「泥棒の家」で力を合わせて泥棒をやっつけて、みんなで仲良く暮らす…誰もが知っている童話です。

これが何故リサイクルか?

物が古くなっても使い方次第、人が年をとってもアイディア次第で「役に立つ」というエールを込めて選びました。

そしてスタッフCさんのアドバイスを受けて、同じ「ブレーメンの音楽隊」でも様々な本を見比べてみました。

それぞれに素敵な絵や言葉、中には工夫を凝らしたしかけ絵本や折り紙で作ったもの(最後におり方説明付き)など沢山種類があって…こういう楽しみ方も良いなと感じました。

 

【読みくらべ&眺めくらべも楽しい!ブレーメンの音楽隊いろいろ】

◎福音館書店(グリム童話)ハンス・フィッシャー 絵  せたていじ 訳

◎小学館(世界名作おはなし絵本)和歌山静子 絵  寺村輝夫 文

◎フレーベル館 (キンダーおはなしえほん)なかのひろたか 絵  間所ひさこ 文

◎講談社(えほん世界のおはなし)ブライアン・ワイルドスミス 絵  角野栄子 文

◎(はじめてのしかけ絵本)学習研究社 絵 かいちとおる

◎(おかあさんとつくるおりがみえほん)著者 桃谷好英 桃谷澄子

 

次の2作は「リサイクル」=「再生」と考えて選びました。

 

横山秀夫著

「ノースライト」(2019)新潮社

一線から外れた建築士が望まれて、久々に情熱を燃やして評判になる家を作ったが…4カ月経っても依頼主は住んでいないどころか行方不明になっている。という所から始まるミステリーで、その依頼主を探す中で建築家としての再生、離婚した妻子との家族としての再生、そして過去に事故で亡くなった父への思いの再生を描いた作品です。

小説には人間の再生について扱ったものは沢山ありますが…この作品は上質のミステリーである上に、建築の世界についての専門的な話とか有名な建築家「ブルーノ・タウト」の家具や工芸についての話など魅力的要素が満載です。

その中でも横山秀夫さんが描く男同士の友情に感動間違いなしです。

 

東野圭吾著

「秘密」(2001)文藝春秋

乗っていたバスが崖から転落した母親と小学5年生の娘。娘をかばった母親は死に、意識をとりもどした娘には何故か母親の意識が入れ替わっていた。

その「秘密」は夫にだけ明かされ、妻は小学生として生きるという再生を決意する。

表面上は親子でありながら2人でいる時は夫婦の会話…ちょっと奇妙な楽しい生活も娘(妻)が大人になった時に転機がきます。

「このままではいけない」とお互いを思い合っての最後の決断。

2人だけが知る切ない「秘密」とその再生への道に涙が溢れます。

あり得ない不思議ワールドの話ですが…これもひとつの再生の形かなと思いました。

 

 

Book Talker  Chie***

 

リサイクルという言葉を考え始めると、循環やめぐりの大きな「輪っか」を想像し、自然や植物のめぐりを思い浮かべます。そこへ人が介在することで輪っかがゆがんだり、楽しくなったり。人の暮らしが輪っかのなかに入り込み、なじみながら変化する。そんななかで生まれるものもリサイクルの側面なのかなと考えました。ということで、かなりこじつけですが、今回は「植物系」3本立て!

 

(1)

モーリス・ドリュオン作 安東次男訳

「みどりのゆび」(1977)岩波少年文庫

フランスの作家が書いた童話で、どこか「星の王子さま」のような独特の雰囲気を持っています。大切なことを教えてくれているのだけど、すこしひねくれやさんのユーモアやセンスを感じながら、単純にはひもといていけないような・・・。

主人公は裕福な家に生まれ育つチト少年。学校を行くのをやめて庭で勉強をするという自由な教育を受けることになり、庭師のムスターシュおじいさんに仕事をいいつけられながら、土のこと、植物のことを学んでいきます。庭の授業、つまり土の授業を考えついたのはお父さん。「土はあらゆるものの起源だからね」というのです。なかなか興味深い考えですねえ。

さて、チトが庭で勉強を始めて、いろんな発見をするうちに自分のおやゆびが不思議なことを起こす「みどりのゆび」ということに気づきます。チトがおやゆびでふれるといろいろなものが植物に変わり、花を咲かせるのです。貧民街も刑務所も、そうしてチトはお父さんの兵器工場にある大砲も花いっぱいに変えてしまいます。お父さんもまちの人も驚きます。お父さんの工場は?兵器産業のまちは?チト少年の発見や思いをたどっていくと、チト少年がどんな存在かにつながる本です。ジャクリーヌ・デュエームの挿絵もすばらしい!

 

(2)

カレル・チャペック著 小松太郎訳

「園芸家12カ月」(1975)中公文庫

チェコが生んだ偉大な作家、カレル・チャペックの作。チャペックは戯曲「ロボット」で労働を意味するチェコ語からロボットという言葉を作ったことでも有名ですね。文筆活動は幅広く、小説、旅行記のほか、愉快な童話も書いています。また園芸をこよなく愛し、この本が生まれました。挿絵は画家、兄のヨゼフ・チャペック。とても味わいがありますよ。

「園芸家12カ月」は園芸ファンはもちろん、興味のない人までもその魅力の渦に巻き込んでしまうとても楽しい本で、園芸家の土づくりに対する、水やりに対する、草取りに対する興味と挑戦と執着(?)つまりさまざまな園芸の日々を一年を通して書いています。

身も心も一年のめぐりのなかで動きつづける哀れで愛すべき園芸家。最後にはこう書いてあります。「われわれ園芸家は未来に生きているのだ。バラが咲くと、来年はもっときれいに咲くだろうと考える。10年たったらこの小さなトウヒが一本の木になるだろう、と。早くこの10年がたってくれたら!50年後にはこのシラカンバがどんなになるか、見たい。本物、いちばん肝心のものは、わたしたちの未来にある。新しい年を迎えるごとに高さとうつくしさがましていく。ありがたいことに、わたしたちはまた一年齢をとる。」

微笑ましくて健気な園芸家がめぐりの一員になれて、自分でもできるリサイクルに堅実に励めますように。

 

(3)

絵・文 群馬直美

「街路樹 葉っぱの詩」(2007)世界文化社

 

「葉画(ようが)家」の群馬直美さんは、美しい葉っぱや実の絵の本を世に出していますが、今回ご紹介するのは、群馬さんが東京近郊の街路樹をたずね歩き、葉っぱと街路樹、街の様子を描き、文章をつづったもの。とても時間をかけて本にされたのだろうと想像がふくらみます。

東京へ行くたびに街路樹の立派な様子を見て、都会の品格を感じます。高さのある豊かな表情の街路樹は、人のこころに静かにゆっくりと季節の移ろいを教えてくれます。もちろん、地方にも街路樹は多く存在し、日常の風景の額縁のような役割を果たしています。街路樹は計画的に植えられた存在ながら、一年のサイクルを感じさせてくれる存在ですね。

自治体ごとに異なるのでしょうが、枯葉や剪定した枝葉はリサイクルされ、腐葉土に。歩行者は落ちている葉っぱや実を拾って、あらためてこの木何の木だったっけ?と感じるのもいいものです。ちなみに私がよく歩く名古屋の道の街路樹には桜があります。雨上がり、雨がかわいていくときに桜餅の匂いに包まれます。ほんとですよ!

 

(スタッフN&C)

 

 

 

新着記事

2021年07月29日
読んでミール?vol.11 〜色〜
2021年05月16日
読んでミール?vol.10 〜音〜
2021年03月24日
ぎふアートウォール完成式のお知らせ
2021年02月27日
読んでミール?vol.9 〜冬〜
2021年02月24日
岐阜問屋町のレトロ壁、アートウォール事業について

お問い合わせはフォームにて受け付けております。

Meelの仕事をご紹介します。